アラプラス糖ダウン 副作用

アラプラス糖ダウンに副作用はある?

 

 空腹時と食後の血糖値が抑えられることがヒト臨床試験で認められたアラプラス糖ダウン。
血糖値に働いてくれるのはいいのだけれど、飲み続けていると副作はでてくる?

 

このサイトではそんな疑問にお答えします。

 

糖ダウンに副作用はある?

糖ダウンの主成分である5-ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)に副作用はあるのでしょうか?

 

5-アミノレブリン酸リン酸塩に副作用は無いことが分かっています。

 

そのことは国立保健医療医療科学院でヒト臨床試験で証明されています。
(参照サイト:https://rctportal.niph.go.jp/detail/um?trial_id=UMIN000008038#)

 

 

そのヒト臨床試験の研究費提供元と実施責任組織は、糖ダウンの販売元であるSBIファーマ鰍ナす。

 

国立機関によって、しっかりと「副作用」無しと証明されています。

 

副作用が無いということは分かっても、そもその5-ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)はどのようにカラダに働くの?

 

糖ダウンに副作用無し、でも5-ALAはどのようにカラダに働くの?

5-ALAは、体内の糖をエネルギにーに変える働きをしてくれます。

 

すべての細胞にはミトコンドリアと呼ばれる細胞小器官があります。

 

このミトコンドリア、糖をエネルギーにして燃やす役割をする大切な気管なんです。

 

しかし、5-ALAが不足しているとミトコンドリアは元気に働いてくれません。

 

年とともに減少していく 5-ALAを補給してくれるのが、糖ダウンなんです。

 

5-ALAはもともと体内で生成される物質なので副作用の心配はありません。

 

糖ダウンの副作用のまとめ

糖ダウンの副作用をまとめると次のようになります。

 

糖ダウンに副作用は無し

 

糖ダウンの主成分である5-ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)はもともとカラダで自然に生成れる成分

 

ミトコンドリアは5-ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)が十分にあると活発になり、糖をエネルギーにどんどん変えていく

 

年とともに少なくなる5-ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)を補う役目をするのが糖ダウン